アイフルのイメージキャラクター、バナナマン

アイフルのイメージキャラクター、バナナマン

アイフルのイメージキャラクターは、お笑い芸人バナナマンの二人です。誰でも一度は、バスの運転手に扮したこの二人をテレビで見たことがあるはずです。メインキャラクターのバナナマンの他にも、脇を固めるのがなんと元横綱の曙さんと豪華です。

 

アイフルのCMといえば、以前話題になったのが、チワワのくぅ〜ちゃんです。ペットショップで目があったのが運命で清水章吾さん扮するお父さんの家に行くことになり、娘が結婚したりとストーリーのあるCMで話題になりました。このような、面白くてキャッチーなCMを作るのも、関西(京都市)に本社があるアイフルならではではないでしょうか。CMが話題になれば、その効果は絶大なもの。考えてみると、この頃から、私たちの生活にキャッシングという言葉が浸透してきたように思います。このCMは言わば、キャッシングの先駆者のようなものだったんですね。

 

CMキャラクターが企業のイメージに多大なる影響を与えるということが分かりましたが、もちろん、アイフルはそれ以外にも、借りる側の利便性を考え、更には闇雲に借りることを勧めるということもなく、借り過ぎの注意喚起といった配慮もしているところが、筆者的にも好感が持てるところでもあります。